太魂様と御教え

太魂院は秋津天御親太御魂大神様を主神に妙見大菩薩様、常富大菩薩様を脇仏として勧請し、「素直な心で感謝して、神を崇め切り、慈悲の心で功徳を積むこと」を御教えとして説いております。
この御教えに従い精進することにより、これまでも数多くの人々が苦しみから救われて幸せに満ちた人生を送っておられます。


運子童子

「一人でも多くの人々に幸福になって欲しい」という思いから、平成十五年八月三十一日、太魂様の分身である運子童子様が建立されました。
この運子童子様は太魂様の分身であるため、そのご神体に触れて手を合わして頂くだけで不思議と運が開け、幸福へと導いて下さる非常に霊験あらたかな神様です。
お参りにこられたときには、まず鈴をならし、手を合わして感謝の心で金色のご神体に触れてください。そして、幸福を生み出す言葉「おかげさまでありがとうございます」と唱えてお参り下さい。 皆様の運が開け、幸福になられる事を祈っております。


主管浅田妙浄法尼の横顔

昭和一六年大阪で誕生されました。祖母の時代より、神仏に造詣が深く幼少の頃より信仰し、小学校五年生より妙見山本滝寺において、大変厳しい修行の道を歩まれました。二十四才の時、秋津天御親太御魂大神(あきつあまみおやふとみたまのおおかみ)様が降臨され天啓を受けられました。その後、太魂院の前身である太魂教会を設立し、天啓者として神の教えに従い多くの人を幸福に導いて来られました。現在も滝行など厳しい荒行は休むことなく続け、人々の幸福を日夜願われています。