おかげさまでありがとうございます。

 今月は、神より『努力の上にも努力をするように』とのご啓示がありました。
 

 今日から新社会人、御入学の方もおられると思います。おめでとうございます。四月という月は出発の月でもあります。ここには新社会人や新入学の方だけでなく、人生七十年、八十年を迎える方もいらっしゃいます。どの方も出発点を思い出されまして、いくつになっても努力の上にも努力をされることが、必要ではないかと思います。

 太魂様は無から有を生み出す神であり、その大円通力の御力で皆様は精神的、肉体的、金銭的に奇跡をもらわれております。これは、努力の上にも努力を重ねてこそ、神の御力が感じられるのだと思います。人間はあらゆる面で、仕方がない、これで良いわと諦めをもちやすいものです。しかし仕事でも勉強でも、また私のように年を召した方でも、生きている限り努力することは多々あると思いますので頑張っていただきたいと思います。

 信仰においても、いつも「素直な心で感謝して神を崇め切り、慈悲の心で功徳を積んでください。」と伝えておりますが、努力の上にも努力なさることが大事だと思います。私自身も七十代後半を迎え、不自由な身ですが、前向きに頑張らせていただいているおかげで、今日皆様にこうしてお会いできました。どんな状況でも、前向きな気持ちで頑張られることが一番大事だと思います。神の御力というのは皆様が99%努力なさってこそ、後の1%で奇跡というものに変えてくださるのです。その1%によって人生が変わることがあります。私もそういった体験を多々してきております。皆様にもしっかりと布施をしていただき、帰依をしていただき、功徳を積んでいただき、人生が変わるくらいの努力をしていただきたいと思います。
 

 

  おかげさまでありがとうございます。

合掌
(三月一日 法話より)