信徒の声

白斑を経験して (30代女性 )

みなさんは、白斑という病気をご存知ですか? 
マイケルジャクソンがかかった病気としてご存知の方もおられるかと思いますが、肌の色が脱色し白くなる病気です。自分とは縁遠そうに思っていたこの病気に、私の娘がかかりました。
ある夏の日、娘の首が白くなっていました。どうしたんだろうと思いつつも、すぐに治るかなと思って放っていたら、白い部分がみるみるうちに顎まで広がってしまいました。
これはいけないと慌てて近所でよく診てくれると評判の皮膚科へ。そこで言われたのは「白斑かなぁ?ハタケかもしれないよ。数ヶ月のスパンで様子を見てみて。仮に白斑なら、うちでは診れないから大学病院に行って。でも白斑には、これと言った治療法はないんだよなぁ。でも大丈夫だよ。ただ白くなるだけで、死んでしまう様な病気ではないから。」という事でした。
命に別状はないとはいえ、小学校低学年の娘にとっては一大事です。幸い白い部分はそれ以上拡大せず、ハタケである事を願いながら様子をみていました。その期間も私なりに色々と情報を集めましたが、完治は難しいとか、大学病院でレーザー治療を受けている子が紫外線に当たれないから日常生活が大変だとかの、暗い情報ばかりでした。
そのうち何ヶ月かが過ぎ、ハタケではなく白斑である事を私も受け入れざるを得ない状況になった頃、家族でお彼岸のお墓参りに出かけました。すると、その夜から娘の顔が真っ赤に腫れあがったのです。慌てて例の皮膚科へ。ですが薬を塗っても全く治らないのをみて、知り合いの方が別の皮膚科を勧めてくださいました。
新しい皮膚科では、「黄砂によるアレルギー」と診断され、診察の折に「この子、白斑があるね。紫外線治療をうちでやってみる?」と言われました。アレルギーもすぐに収まり、その病院で紫外線治療を受ける事にしました。先生の話では、効き目は個人差があるとの事でしたが、娘は治療を始めてすぐに効果があらわれ、数ヶ月後の診察では「どこが悪かったかわからないね。薬も使ってないのに、綺麗になったね。」と言われるまでに回復しました。
この話を読んで、奇跡でも何でもなく、母親が無知だっただけじゃないかと思われる方もいらっしゃると思います。その通り、私は無知な母親です。要所要所で適切な判断ができていたとも思いません。ですが、私の様に無知な母親の元に居る娘は、神仏のお導きにより不思議なご縁をいただいて良くなりました。
それに、病気になった事は悪い事ばかりではありませんでした。
三人兄弟の真ん中で、手がかからない事を理由に手をかけずに育った娘を、週に一回自転車の後ろに乗せて走る往復20分の通院時間は、娘と向き合う貴重な時間でした。学校の話、今読んでる本の話、将来の事、色々な事を話しました。
また、友達の「どうしたの?」という何気ない問いかけに傷付いた娘は、悪意のない言葉も人を傷付けるという事を学んだようです。その経験を活かし、人の痛みの分かる優しい子に育ってほしいと思います。
今、私は、前より強い気持ちで、「これから先、どんな辛い事や苦しい事があっても、私自身がちゃんと神様の方を向いていたら、必ず笑顔になれる日が来る。」と思えます。
今日も家族が笑顔で一日を過ごせました。その重みを感じ、感謝の心でいっぱいです。
おかげさまでありがとうございます。

太魂院で一番好きな事、気に入っている事(80代女性 )

昨年までは修正会を終えると、帰らねばと・・・帰宅して夜の食事は一人で寂しい元日の夜でしたが、今年は何となく二次会に出てみたくなり友人にも勧められて残ることになりました。何のお手伝いも出来ない年寄りですが・・・みるみる内に二次会の会場が出来上がり、いつのまにか、その輪の中に入り込んでいました。ボツボツと山坂神社へ初参りに出かけた人達が帰ってこられ、妙浄先生もお出ましになって楽しく始まりました。 
私達は先生のおそばにはなかなか近寄りがたいですが、二次会には身近に寄らせて頂く事も出来、先生の明るいお姿を近くに見せて頂いておそばに座り、暖かいお手に触れさせても頂いただけて幸福(しあわせ)を感じ、とっても嬉しかったです。
初めてのことですが今年は、焼きそばのふるまいで始まり、横で見ている内に次々と出来上がる焼きそばをお皿に盛るのは誰かなと、左右見渡してもどなたもおられなくて・・・これ位なら私でも出来ましょうと思ってお手伝いをさせてもらいました。
次々と焼き上がるおそばを盛っていると、いつの間にか「ハイどうぞ」「ハイどうぞ」と私もがんばりました。
先づ一番には妙浄先生に、調理している北川君が「お味は如何ですか?」と尋ね「オイシイヨ」との一言を頂いて大張り切り。その内、あっちからもこっちからも「オイシイ」「オイシイ」の声が上がり北川君は大満足!
横のテーブルでは芳順先生がフランクフルトや北川君手製のギョーザを焼いて下さって大いそがしです。
お酒を飲む人、ジュースを飲む人、おそば、ギョーザ、お菓子を食べる人、話し合って大声をあげて笑う人達、様々な風景です。
なんと和やかな楽しい、にぎやかな宴会なんでしょう。
修法先生もお孫さんを背にのせて会場を歩き廻ったり、三人のお孫さんを相手に楽しそうに遊ばれたり笑ましいお姿でした。
私も知らず知らずの間にその大家族の様な輪の中に入りその中の一員として仲間に入れて頂いて幸福(しあわせ)の一時でした。
太魂様を信仰して良かった。志を一つにして多くの信者さんと共に手を合わせ「おかげさまでありがとうございます。」と云い合える幸福(しあわせ)太魂様の偉大さをつくづくと身に感じ感謝の一言につきます。この幸福をしっかりと身につけ益々信仰を深め功徳を積む努力をしていこうと。そしていつも太魂様に守られている幸福を感謝して老後を過ごしたいと思っています。 よろしくお願い申し上げます。
「おかげさまでありがとうございます。」

生命(いのち)の架け橋(20代女性)

おかげさまでありがとうございます。 
私は、母が信仰していたこともあり、生まれた時より太魂様のおかげをいただいています。
誕生時、私は重度黄疸症で、全ての血を入れ替える交換輸血が必要な状態でした。
生まれてすぐ、医師より「後遺症、最悪の場合は生命の危機を覚悟してください。」との説明を受けたとき、両親はすぐに浅田妙浄先生のご指導を仰がせていただいたそうです。
妙浄先生からはすぐに名前をつけていただくとともに、御祈祷をしていただきました。すると交換輸血予定日の前夜、不思議なことに奇跡的に数値が回復し、輸血の必要性がなくなったばかりか、後遺症の心配もなくなり、今に至るまで元気に過ごさせていただいております。
神様に助けていただいた命。
今は、このいただいた命を次につなぐべく、紛争や人権侵害で傷ついた人々の平和の構築に少しでも役に立つことを志し、国際協力に関わる業務に従事しております。
どんな状況においても感謝の心を持ち続け、努力を続ける限り、太魂様が幸せの方向に導いてくださるとの思いが大きな支えになっています。また、海外生活においても、いつも身近で神様が守ってくれているという安心感からこころ穏やかに過ごさせていただいております。
これからも「おかげさまでありがとうございます」の心を持ち続け、精進していきたいと思います。

大難が小難に(40代男性)

先日仕事中トラックを運転していた時にこんなことがありました。 
交差点の先頭車両で赤信号で停車いたのですが、対向車線で同じように信号待ちをしていた車が突然交差点に進入してきました。所謂信号無視です。
交差点ですので、自分の左からも右からも車が走っているのは当然です。信号無視した車は、当然青信号で進行している一台の車と衝突します。
青信号で進行中の車は、その信号無視していた車の真横に衝突。信号無視していて直進した車は弾かれたボールの様に、先頭車両に止まっていた私の車めがけて突っ込んできました。
一秒にも満たない時間だと思いますが、先頭車両で停車中の私は
「絶対にぶつかる。逃げることができない。しかし二重事故は避けないと。」
と思い、私の車が弾かれないようにと思いブレーキを踏みました。結局弾かれた車はトラックの左端に衝突し、私は.足に大怪我をしました。
後に妙浄先生より、
「この事故は足がなくなっても不思議でない事故である」という神のお言葉を聞き、背筋が寒くなりました。
弾かれた車が私が乗っていた車の左側に当たったので、直撃が避けられたのです。
もし真正面に当たっていれば、足がなくなっていたと思います。また、もし左側の助手席に同乗者がいれば、その方が大怪我をされたと思います。
等、今考えると改めて神に護られていた自分に気づきます。
大怪我しても足があるのとないのでは大きな違いです。
現在では痛みも大分和らぎ、普通に歩けるまでに回復しました。
先生が仰っておられた
「まっとうに手を合わしていれば、必ず大難が小難、小難が無難で終わる」という言葉を改めて実感し、神のありがたさを再認識しました。
生きていれば病気にもなりますし、事故の様な不測の事態にも遭遇します。しかし手をあわさせていただいていますと、世間で言う「どうしてあんな、かわいそう」と言われる事故・病には巻き込まれない、不思議な何とも言えない安心感があります。

感謝をするということ(30代男性 )

おかげさまでありがとうございます。 
太魂教会とのご縁は私が生まれる前からになります。
当時、私の出産を控えた母が薬を飲んでおり、出産の影響について不安になり妙浄先生にお伺いしたのがその始まりと聞いております。
その時妙浄先生にいただいたことばに母も大変安心して、無事出産し、今の私があることに大変感謝をしております。
教会では「感謝をする」ということを教えていただきました。人生の困難にぶつかった時も神様がついているということで何度も救われました。
高校3年生の春にスポーツで膝の靭帯を断裂した時のことです。
私の通っていた高校は、ラグビーの全国大会常連で、高校1年生の時に全国大会準優勝・2年生の時にはベスト4という成績でした。
それまで私はスタンドでチームを応援しておりましたが、早く試合に出て活躍したいと強く思っておりました。そして3年生になって初めてレギュラーを獲得したのですが、最初の試合で希望を打ち砕く事件がおきました。試合開始早々に、全治一年間という絶望的な怪我をしてしまうことになったのです。現状を把握した時には、ショックで涙が止まりませんでした。
これまでの苦労を考えると非常に大きなショックを受けましたが、教会で教えて頂いている「おかれた立場を最大限感謝する」という言葉に救われました。毎日できることを必死で行いました。遠くの病院にも通い、毎日リハビリも行いました。
高校最後の卒部式の時にチームの中心メンバーからは、私が練習後にリハビリに通う姿が彼自身の心の力になったこと、そして主将からは「試合前のロッカールームでは『必ずスタンドで応援している仲間を思ってプレーしよう』と言い続けた。」と聞かされました。腐らず努力をすることの大切さを学び、人生において貴重な経験を積ませて頂くことができました。
今日も困難に立ち向かうこともありますが、信仰しているという絶対的なありがたさのお陰で幸福に暮せております。
おかげさまでありがとうございます。

感謝(60代女性)

教会に御縁を頂き30年近くになりますが、今想いおこしますと過ぎた年月は早いと改めて感じます。私も家族も命にかかわるという大きな病気をした経験はまだありませんが、今まで何事も無く過ごせてきたと言う事は本当に有難いと思います。 
以前には息子達の入試に始まり、就職引越し、結婚と人生の節目にはいつも太魂様のお導きを頂き、安堵の心で過ごして参りました。
去年は初孫にも恵まれ、又、来年二人目が誕生の予定です。
初心に戻り素直な心で感謝し、手を合わせて行きたいと思います。
「自分の置かれた立場を最大限に感謝し、神様を崇めきってください」
日常、先生がよくお伝えになるお言葉です。何か事ある度、私の脳裏に浮かぶお言葉です。
日々の生活の中で手を合わせることが出来る有難さ、平凡な生活を送れる事が出来る有難さをひしひしと感じて居ります。
おかげさまでありがとうございます

感謝と奉納演芸(60代女性)

朝、元気に目覚めて、夜寝る時に遠方にいる息子達からも何の災いの報告もなく休めるということは何ごとにも代えがたい安堵な一日です。この安堵を日々大きなご慈愛で、おつつみ下さる太魂様に見守られて暮らしている私達は、最高の幸せ者です。その感謝の気持ちを神様にご奉納するのが春・秋の大祭だと思っております。大祭に出演する方、衣装係、化粧係、音響係、大道具、小道具、照明、その他すべて、一つの力となって、当日の一つひとつの出し物を喜びと感謝の気持ちで奉納させていただき、信者一同元気な体で参加できることは、無上の喜びです。 
出演者だけが奉納演芸するということではなく、客席から観る方も心から楽しんで拍手を送ることもご奉納だと思っております。信者一丸となって、春と秋の大祭に日々の感謝を舞台という形で現していく事が奉納演芸だと思っております。今後も日々見守っていただく神様に、感謝して務めてまいりたいと思います。
おかげさまでありがとうございます。

日々感じる事(30代男性)

日々、生活をしていくなかで、私が感じることは、「神様は必要な物を必要な時に必要なだけ与えてくださる」ということです。 
今まで生きてきて、そう感じることが多々ありました。例えば学生の頃は受験です。以前に受けた授業のそのものが試験ででたり、授業中の雑談がそのまま試験問題でました。また、社会人となった今は、仕事面です。漠然と目にしただけ、耳にしただけの事柄が、後日になって急に必要となり助かったことが多々あります。
私にとってその事柄や経験が必要な場合、神様は必ず与えてくださいます。その事柄が他人から見れば遠回りに思えることでも、私にとっては幸福への最短距離を示していただいていると思います。
おかげさまで、ありがとうございます。

御回向のありがたさ(40代男性) 

私は教会に来させていただくようになるまで、先祖供養というものをしたことがありませんでした。親しい身内が亡くなったときでさえも、お葬式等は手続きとしてこなしながらも、それ以後のことはまったくで、年忌についても親戚がやってあげる、というのに乗っかってるだけ。もちろんお墓参りも始めに1回行ったきり、という今から思えばどうしようもない状態でした。でも仲の良い友人らは、そういう私を見て「お墓参りくらいは行くようにした方がいいよ」とよく言ってくれていましたので、そういうことに意味を見いだせないでいながらも、どこか心に引っかかってはいました。 
そんな時に教会にご縁をいただき、回向護摩法要に感銘を受け、ここに任せておけば間違いがあるはずがない!と思ったのでした。それでも最初はどこまでやっていいかもわからず、「あまり最初から無理をして、続かないとなるとその方がよくないから、徐々にやらせていただけるだけやったらいいですよ」と教えていただいたので、まずは合同先祖供養から始めました。
最初は右も左もわからない状態ですのでただ座っているだけ、みたいな状態でした。ただ、ご回向の後に先生方からいただけるお言葉で、「ああ、仏様はそう感じられるのか」とか「まず心があってこそ通じるものなのか」といったことを基礎から教わることができ、そのことがとてもありがたいことだと思えました。
それからだんだんとご回向していただく回数も増やさせていただけるようになり、まだまだ途上ではあるものの、心構えも初めのころよりはましになってきたかなと思います。
それもこれも太魂様と先生方のお導きのおかげです。これだけの頻度、これだけのクオリティで先祖供養をしていただけるところは他にないのではないかと思います。回数を重ねれば重ねるほど、ありがたく思う気持ちもまたいや増していくようです。これからも続けさせていただくことで、ご先祖様にいかに浮かばれていただけるのか、またそこで自分が感じるありがたさがいかなるものになるか、楽しみに思えるほどです。
誰彼構わず勧めたいと思える、このような素晴らしいものがすぐ近くにあるということそのものに、感謝致します。
おかげさまでありがとうございます。